ドラマ

【ネタバレ】「ネメシス」第9話あらすじ・見逃し【女神達の決戦】

裏切り者の正体

美神アンナ(広瀬すず)は失踪した父・美神始(仲村トオル)を探すためにインドから日本にやってきた。
始の旧友・栗田一秋(江口洋介)の営む探偵事務所ネメシスの助手を務めながら父を探すことになる。
立て続けに難事件を解決したことで風真尚希(櫻井翔)の名探偵ぶりが評判になる。
しかし、全ての事件はアンナが解決していた。

やがて、始の失踪には菅容子研究所が関わっていることが分かる。
その上、アンナは20年前に始の研究所で開発されたゲノム編集で開発された受精卵だった。
始は生命の尊厳のために封印したが、菅容子や大和猛流(石黒賢)らが略奪し、そこから代理母によってアンナを出産したが、事故により卵子を提供した神田水帆(真木よう子)も代理母も死亡してしまう。
そこから始はアンナを1人育てるためにインドに渡っていた。

自分の出生の秘密を知ったアンナはショックを受け、事務所を飛び出した。
話を聞いたのは親友の四葉朋美(橋本環奈)だったが、朋美こそ亡き母菅容子にかわってアンナの秘密を握ろうとしている張本人だった。
そして、朋美と大和はアンナと正を監禁する。

捕らわれたアンナ

捕らわれたアンナは大和からなぜアンナが産まれることになったかを知らされる。
菅にさそわれた大和は、正の研究所からゲノムを盗みだす。
盗み出したゲノムから子供をつくり出したが、代理母が逃げ出してしまい、大和たちはその子供の行方を追っていた。
アンナの受精卵で再び天才を創り出そうとしていたのだ。

風真はネックレスを奪われていた。
アンナの真似をして「風真入ります」とゾーンに入っても、何も出てこない。
ネックレスを持っていることを教えてしまい、朋美が疑う。

朋美の目的

朋美は自分の名前を偽って、アンナに接近していた。
アンナの誕生日を知って、ゲノム編集ベイビーだと予測し、髪の毛を解析して確信をもった。
菅容子は遺伝子の難病を抱えており、ゲノムを編集する以外に難病を克服する方法はなかった。
朋美も母の遺伝を受け継いで、難病を克服するしかない。
風間は千曲鷹弘(勝地涼)、四万十勇次(仲村蒼)、上原黄以子(大島優子)、星憲章(上田竜也)など7人の仲間を招集に、アンナ救出の協力を仰いだ。
公に警察に頼むと、アンナがゲノム編集ベイビーであることが世間に知られてしまう。
そのため、秘密裏に事件を解決するしかない。
小山川薫(富田望生)の協力で神奈川県警の情報を入手し、八王子の倉庫の場所まで突き止めた。
そこから朋美から連絡があり、アンナのサンプルの採取も済み、ペンダントのデータの解凍が済んだら、アンナと正の部屋の酸素を抜くという。

ついに風真の本領発揮?

手がかりは全て遮断され八方塞がりかと思われたが……
捕らわれたアンナと風真は心が通じたかのように何かをひらめく。
仲間の前でいつも通りに風真はいつもの決め台詞を言った。

「さあ、真相解明の時間です!」
アンナに頼らず風真がはじめて推理を行い、アンナ救出の手がかりを見つけることができるか?
朋美は自らの命をかけて、アンナ親子の命を狙う。
チームネメシスはアンナ・正を救うことができるのか?

「ネメシス」第9話 目次

「ネメシス」第10話あらすじネタバレ

「ネメシス」第8話あらすじネタバレ

「ネメシス」第7話あらすじネタバレ

「ネメシス」第6話あらすじネタバレ

「ネメシス」第5話あらすじネタバレ

「ネメシス」第4話あらすじネタバレ

「ネメシス」第3話あらすじネタバレ

「ネメシス」第2話あらすじネタバレ

「ネメシス」第1話あらすじネタバレ