ケイジとケンジ時々ハンジ。

【ケイジとケンジ時々ハンジ】キャストと登場人物相関図│ 桐谷健太/比嘉愛未 共演

この記事は、「【ケイジとケンジ時々ハンジ】キャストと登場人物相関図│ 桐谷健太/比嘉愛未 共演」と題して、
ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】のキャストや登場人物相関図を調査しまとめさせて頂きました。最後まで読んで頂ければ幸いです。

ドラマ「ケイジとケンジ、時々ハンジ。」が、2023年4月13日からテレビ朝日で放送開始です!この大人の群像劇は、独特の魅力を持つ情熱刑事たちが、刑事・検察・裁判の世界をサスペンスとユーモアで織り交ぜながら描かれます。桐谷健太演じる主人公・仲井戸豪太が、前作「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」から3年ぶりに横浜で活躍する姿を楽しみにしてください!

ご存じの方は多いかと思いますが、前作「ケイジとケンジ」は、桐谷健太さんと東出昌大さんのダブル主演でした。
東出昌大さんはご存じのスキャンダルが報じられ、今回の【ケイジとケンジ時々ハンジ】には出演されません。
そのため、ストーリーが前作と比べて少し薄くなっているのも否めないかもしれません。

最後に、記事の後半では、ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】の見逃し配信・無料動画視聴方法を紹介しています。
本編を見逃してしまった方、もう一度視聴したい方は、是非参考にしてください。

最終回まで応援しましょう!!

放送回放送日:毎週木曜/21:00視聴率
第1回4月13日8.4%
第2回4月20日9.1%
第3回4月27日9.6%
第4回5月4日7.4%
第5回5月11日
第6回5月18日
第7回5月25日
第8回6月1日
第9回6月8日
第10回(最終回・予想)6月15日

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】登場人物相関図

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】キャスト/出演者一覧

役名俳優名
仲井戸豪太桐谷健太
仲井戸みなみ比嘉愛未
目黒元気磯村勇斗
矢部律子中村アン
原口奈々美岡崎紗絵
岸本凛長井短
亀ヶ谷徹西村元貴
狛江稔本多力
江戸一古田新太
持丸栄峯村リエ
宮沢かほり奥貫薫
牛島正義伊藤淳史
諸星美沙子吉瀬美智子
二階堂俊介北村有起哉

仲井戸豪太 役/桐谷健太

仲井戸豪太(39)は、神奈川県警横浜みなとみらい署の熱血刑事。彼は大阪出身で、東京の体育大学を卒業後、横浜の私立高校で体育教師として8年間勤めていました。しかし、若者を悪の道に誘う犯罪者たちに立ち向かいたいという強い思いから、警察官に転職しました。

現在は巡査部長として活躍し、犯人を逮捕し被害者に感謝されることが何よりの喜びと感じています。捜査ではコンプライアンスの重要性を常に厳しく求められるものの、彼は悪い相手に対して毅然とした態度で立ち向かいます。

プライベートでは、妹のみなみが戻ってきて同居生活が再開。彼女の婚活をサポートしようとアドバイスをするも、自分自身も未だに独身であることに苦笑い。豪太は女性向けブログ読者にも魅力的なキャラクターであり、彼の熱い心とストイックな姿勢が多くの女性たちを惹きつけることでしょう。彼のこれからの活躍に目が離せません。

桐谷健太 プロフィール

日本の俳優、歌手、タレントである桐谷健太さんは、1980年2月4日生まれの大阪市北区天神橋出身。彼の俳優デビューは2002年のテレビドラマ『九龍で会いましょう』で、その後映画や舞台でも活躍しています。特に2008年のテレビドラマ『ROOKIES』での役が知名度を高めました。桐谷さんは2011年に第35回『エランドール賞』新人賞を受賞し、2013年にはテレビドラマ初主演を果たしました。

歌手としても成功しており、2013年にテレビドラマ『Y・O・U やまびこ音楽同好会』の主題歌でCDデビュー。2016年には自身初のアルバム『香音-KANON-』をリリースし、同年『第58回日本レコード大賞』優秀作品賞を受賞しました。さらに彼は2015年度・2016年度に2年連続で『CMタレント好感度ランキング』男性部門で第1位に輝いています。

身長181cmで、趣味は旅・妄想・散歩・銭湯。特技はどこでも眠れること、ドラム、三線の演奏です。彼の好きな俳優はジャック・ニコルソン。私生活では2014年に一般女性と結婚し、現在は2児の父でもあります。役者を志すきっかけは子どものころに映画『グーニーズ』を観たことで、その後高校卒業後に東京で役者を目指す道を選びました。

桐谷さんは真摯に役作りに取り組む姿勢で知られ、『パッチギ! LOVE&PEACE』では1ヵ月半で15kgの体重増減を繰り返しました。これらの努力が評価され、2021年には京都国際映画祭で「三船敏郎賞」を受賞しています。

これからも桐谷健太さんの多彩な才能と魅力が、女性を中心に多くのファンを魅了し続けることでしょう

仲井戸みなみ 役/比嘉愛未

仲井戸みなみ(36)演じる比嘉愛未は、横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。彼女は事件関係者の心情や立場を緻密に把握し、勇敢にも検事に対して意見を唱えることができる女性。実は彼女は仲井戸豪太の妹で、仕事ができるだけでなく美人でもある彼女は、さすがにシッカリ者。

しかし、なぜか彼女の男運は全く向いておらず、現在も独身。3年前に兄・豪太が家に転がり込んできて以降、同居生活を送っています。兄の無神経な振る舞いには閉口するものの、二人の微笑ましい兄妹バトルはブログ読者の女性たちにとって、楽しい読み物となることでしょう。

みなみは、勝気で頼りがいのある姿が多くの女性たちに共感を呼ぶキャラクター。彼女の男運がいつか上向くことを願いながら、彼女が兄・豪太との共同生活でどのような成長を遂げるのか、そして検察庁での彼女の活躍に目が離せません。女性向けブログ記事として、みなみの魅力を存分に引き出し、多くの読者が彼女の物語に夢中になること間違いなしです。

比嘉愛未 プロフィール

沖縄県出身の美しい女優、比嘉愛未さん(1986年6月14日生まれ)は、モデル兼女優として活躍しています。彼女のキャリアは、地元沖縄でスカウトされたことがきっかけで始まりました。その後、女優デビュー作となる映画『ニライカナイからの手紙』での地元の女子高生役で、真剣に女優を目指す決意を固め、両親の猛反対を押し切って上京しました。

2006年にNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』で2,156人の中からヒロイン役に抜擢され、一躍有名に。翌年には所属事務所を現在のライジングプロダクションへと移り、さらなる活躍を続けます。また、NHK大河ドラマ『天地人』での菊姫役や、民放連続ドラマ『恋愛時代』での初主演など、数々の作品で主要キャストとして活躍しています。

比嘉愛未さんの魅力はその美しさと内面にもあると言われています。「愛未」という名前には「未来永劫、愛し愛される子に育ってほしい」という両親の願いが込められているそう。また、彼女は長い間、ロングヘアがトレードマークでしたが、ドラマ『GTO』での役作りのためにショートカットにイメチェンしました。驚くべきことに、彼女自身が琉球王朝の末裔であることが明らかになっています。

新垣結衣さんや戸田恵梨香さんとは、ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』での共演以来、仲が良く、3人で女子会を開くほどの仲です。これからも比嘉愛未さんのさらなる活躍が期待されます。

目黒元気 役/磯村勇斗

目黒元気(31)演じる磯村勇斗は、神奈川県警横浜みなとみらい署の熱血刑事。彼はかつて桜木警察署で仲井戸豪太とバディを組んでいましたが、アメリカの日本大使館へ警備担当外交官として2年間赴任した経験があります。先月帰国し、警部補に昇進。しかし、横浜みなとみらい署勤務となり、再び豪太とバディを組むことに。

この2年間で刑事としての自信とプライドが強くなった元気ですが、豪太からは相変わらず「メグちゃん」扱いされ、以前よりも振り回されることに。彼の現在の願いは、一日も早く県警本部へ行くこと。

女性向けブログ記事として、元気の魅力は、彼の情熱と成長にあることでしょう。アメリカ赴任の経験を持ち、刑事としてスキルを磨いた彼が、豪太とのバディをどのように乗り越えていくのか、女性たちの共感を呼ぶこと間違いありません。

元気の物語を通して、女性読者は彼の勇敢な姿に憧れ、どのように彼が自身の目標に向かって前進するのか楽しみにしているでしょう。彼の活躍とプライベートな願いに目が離せません。

磯村勇斗 プロフィール

エレガントな魅力で女性ファンを惹きつける俳優、磯村勇斗さんは、静岡県沼津市出身の1992年生まれの俳優です。彼は中学生のころに自主制作した映画をきっかけに演技の道を目指し、現在はBLUE LABELに所属しています。

ドラマや映画で活躍しており、特に2015年の『仮面ライダーゴースト』でアラン/仮面ライダーネクロム役が話題に。その後、2017年に放送された連続テレビ小説『ひよっこ』では、前田秀俊(ヒデ)役を演じ、ますますその名が広まりました。

磯村さんは熱心なスター・ウォーズ・シリーズのファンであり、特にダース・ベイダーを愛好しています。また、大のゾンビ映画好きで、ジョージ・A・ロメロ監督を尊敬しています。彼はいつか菅田将暉さんや満島ひかりさんと共演したいという夢を持っています。

しかし彼には犬、猫、生卵のアレルギーがあり、それが役者人生に影響を与えることもあるでしょう。尊敬する役者として、綾野剛さんの名前を挙げています。綾野さんの現場でのコミュニケーションや芝居へのストイックな姿勢に影響を受けていると言います。

料理好きな彼は、調理場でアルバイト経験があり、ドラマ『ひよっこ』での見習いコック役では、プロのシェフから指導を受けて、料理シーンをリアルに演じました。そして、2017年11月5日放送の『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』の料理王で優勝し、その腕前を披露しました。

磯村さんのエレガントな魅力は、「エレガンス磯村」という異名でも知られています。彼の魅力あふれる活躍にこれからも目が離せませんね。女性ファンにとっても楽しみな彼の今後の活躍に期待大です。

岸本凛 役/長井短

岸本凛(30)演じる長井短は、神奈川県警横浜みなとみらい署の強行犯係の刑事。彼女は刑事ドラマに憧れて警察官になり、当初は交通課に所属していましたが、3年前に念願が叶い刑事となりました。最初は紅一点で、周りからチヤホヤされていたのですが、原口奈々美が着任すると扱いが雑になり、不満を持っています。

一見、毒舌でヤル気がなさそうに見えますが、実は面倒見が良い性格です。特に女性や老人、子どもに対する犯罪者に対しては許しがたい思いが強く、そのために誰よりも早く行動に移すことがあります。

女性向けブログ記事で紹介する岸本凛の魅力は、彼女の強い正義感と面倒見の良さにあります。また、原口奈々美との関係も興味深く、読者は二人の微笑ましい掛け合いや協力を楽しむことでしょう。

岸本凛のキャラクターは、女性向けブログ記事で彼女の仕事への情熱や人間関係に触れることで、読者に勇気を与える存在となります。彼女の毒舌も、実は面倒見の良い性格を裏付ける要素であり、多くの女性たちにとって共感できる魅力的なキャラクターとなっています。

長井短 プロフィール

https://twitter.com/tx_raisechan/status/1643235518518554629

長井短(ながい みじか、1993年9月27日生まれ)は、多才な才女で日本のモデル、女優、エッセイスト、予言者として知られています。東京都府中市出身で、キューブ所属。夫は劇団ロロに所属する俳優の亀島一徳。彼女は幼少期に見た映画『スター・ウォーズ』『ハリー・ポッター』に影響され、都立豊多摩高校在学中から演劇活動を開始しました。

劇団半開きに所属した後、演劇だけで生活できないことを痛感し、モデル業にも挑戦。複数のモデル事務所から声をかけられ、バークインスタイルに所属しました。彼女は演劇と並行してモデル活動を行うことにより、「演劇モデル」として独自の道を切り開きました。数々のファッションショーに出演し、ファッション雑誌『装苑』『GINZA』にも登場。彼女のネガティブキャラクターはバラエティ番組でも話題を呼び、「女栗原類」とも称されました。

2018年には根本宗子とともに『オールナイトニッポン』のパーソナリティーオーディションに勝ち抜き、翌年まで同番組で活躍。私生活では、2019年に俳優・亀島一徳と結婚し、同年12月に結婚式を挙げました。

長井短の趣味は読書、テレビゲームで、特技は合唱、落語、ピアノ。芸名は古典落語の演目「長短」から来ており、本名は「マユ」です。彼女は落語が好きであり、舞台やバラエティで幅広い才能を発揮し続けている魅力的な女性です。

牛島正義 役/伊藤淳史

牛島正義(39)演じる伊藤淳史は、神奈川県警横浜みなとみらい署(旧・桜木警察署)の若きエリート署長です。東大法学部卒でキャリア官僚の彼は、30代にしてみなとみらい警察署の初代署長に抜擢され、将来を嘱望される存在です。彼自身も上昇志向が強く、同期の出世レースで自負も持っています。

赴任時、コンプライアンスやDXによる治安維持など未来の警察組織作りを意識したミッションを受けていましたが、現実は部下の刑事たちが体育会系ばかりで、彼の理想とはかけ離れた状況に頭を悩ませています。

女性向けブログ記事では、牛島正義のエリートとしてのキャリアや若さ、上昇志向などの魅力を強調することで、読者に興味を引くことができます。また、彼が直面する部下たちとのギャップや理想と現実の違いに焦点を当てることで、彼がどのように成長し、組織を率いていくのかを描くことができます。

伊藤淳史 プロフィール

千葉県出身の俳優、伊藤淳史(1983年11月25日生まれ)は、日本のドラマや映画で幅広い役柄を演じることで知られています。彼は元子役で、テレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』の「仮面ノリダー」で知名度を上げました。その後もテレビドラマや映画で数々の主演や共演を果たしており、ベルリン国際映画祭で受賞した映画『独立少年合唱団』や、大ヒット作『電車男』、『チーム・バチスタの栄光』などでの出演が話題となりました。

伊藤淳史は、温厚で照れたような笑顔が魅力的で、ドラマや映画でよく臆病なヘタレ役を演じることが多いです。また、主人公の相棒役で登場することもしばしばあります。彼は実弟の伊藤隆大とも共演経験があります。

私生活では、2010年に一般女性と結婚し、2015年に第1子女児、2017年に第2子男児、2021年に第3子男児が誕生しています。彼はかつてサッカー部に所属しており、Jリーガーを目指すほどの情熱を持っていましたが、俳優業に専念することを決めました。

映画『ビリギャル』での演技が評価され、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。これからも伊藤淳史のさらなる活躍が期待される日本の俳優です。

江戸一 役/古田新太

江戸一(55)演じる古田新太は、神奈川県警横浜みなとみらい署(旧・桜木警察署)強行犯係の係長で、ベテラン刑事として活躍しています。昭和気質で出世には興味がなく、徹底した現場主義のノンキャリア組です。彼は事件現場に解決の糸口があると信じ、「現場100遍、汗100リットル」を座右の銘に掲げています。

立場上、中間管理職ではありますが、常に現場を第一に考える江戸一。その一方で、上司である牛島にも気を使っています。熱血漢の仲井戸豪太と上昇志向が強い目黒元気のコンビを、温かく見守っています。

女性向けブログ記事では、江戸一の現場主義と人間性に焦点を当てることで、彼の情熱や経験を通じて読者に刺激を与えることができます。また、彼が見守る仲井戸豪太と目黒元気のコンビの成長を追うことで、江戸一のメンターとしての役割も際立ちます。

古田新太 プロフィール

古田新太(1965年12月3日生まれ)は、日本の多才な俳優、声優、DJで、リコモーション所属。彼の愛称は「古ちん」で、妻は元タレントの西端弥生です。小学校のミュージカルで俳優を志し、その後大阪芸術大学で演劇を学びました。そこで「劇団☆新感線」に出会い、以降は同劇団の看板俳優として活躍しています。

古田さんは舞台以外でも幅広いジャンルで活躍しており、テレビドラマやバラエティ番組、ラジオパーソナリティとしても成功を収めています。彼は大阪での活躍が認められ、夢の遊眠社や第三舞台の公演にも出演。また、2002年には『木更津キャッツアイ』でオジー役を演じ、その名を広めました。

2013年にはドラマ『あまちゃん』で元ダンサーのアイドルプロデューサー荒巻太一役を演じ、振付師からダンススキルを絶賛されました。彼は音楽好きでも知られ、2017年から「♀フェス ~日本一おもろいバンド決定戦~」を主催しています。

諸星美沙子 役/吉瀬美智子

諸星美沙子(47)演じる吉瀬美智子は、横浜地方裁判所みなと支部の判事で、東大法学部首席卒業のエリートです。彼女は「氷点下100度の女」という異名を持ち、感情を一切見せずに仕事に徹底して取り組んでいます。出世や他人の評価には無関心で、独自の道を歩んでいます。

諸星は法治国家において裁判官が最も重要だと信じ、自身も誰よりも勉強し、正しくあろうと努力しています。彼女にとって、調書や捜査資料に書かれた「真実」が全てであり、他人の言葉にはあまり耳を貸さない態度を取ります。容赦なく証拠が不十分と判断する彼女は、「証拠が薄い」という口癖があります。

女性向けブログ記事では、諸星美沙子の冷静で強い信念を持つ女性としての魅力を強調することで、読者に興味を引くことができます。また、彼女がどのように感情を抑えながら仕事に取り組んでいるか、また信念と向き合いながら法律の世界で生き抜く姿を描くことができます。

吉瀬美智子 プロフィール

吉瀬美智子(1975年2月17日生まれ、福岡県朝倉市出身)は、モデル業を経て女優に転身した才色兼備のセレブ。愛称「みっちゃん」として親しまれています。高校生時代に美容部員を志すも不合格となり、地元のエステサロンや喫茶店で働いていた彼女は、喫茶店でスカウトされモデル業をスタート。その後上京し、女性向けファッション雑誌『Domani』の専属モデルを務めながら、多数のCMや情報番組に出演しました。

30代に入り、モデル業を一切辞めて女優への転身を果たす。注目作には『LIAR GAME』や『ブラッディ・マンデイ』がありますが、モデル業との縁は完全に切れたわけではなく、雑誌の表紙なども飾っています。テレビドラマ初主演は『妄想姉妹』、映画初主演は『死刑台のエレベーター』で、2011年にはエランドール賞新人賞を受賞しました。

出産後、初の復帰作となった『昼顔』では、家庭と愛人の間で悩むセレブ主婦を演じ、2014年には初のエッセイ『幸転力』を出版。2019年には第12回ベストマザー賞の芸能部門を受賞しました。プライベートでは、モデルから女優への転身を支えた10歳年上の実業家と2010年に結婚し、2人の女児に恵まれましたが、2021年に離婚が発表されました。

性格はマイペースで潔癖症。家で過ごすのが好きで、趣味は釣りやゴルフなどアウトドア。交友関係では上戸彩や北村一輝と親交が深く、お酒を楽しむ仲でもあると言われています。吉瀬美智子は、これからも女性たちにとって憧れの存在として輝き続けるでしょう。

矢部律子 役/中村アン

矢部律子(35)演じる中村アンは、横浜地方検察庁みなと支部の熱血検事。彼女は元ミス東大で、ある事件をきっかけに人の役に立ちたいと考え、検事へと転身しました。当初、ピラミッド型の検察組織に疑問を抱いていましたが、組織の中で意味のある存在になるために、出世を第一に考えるようになりました。

律子は大きな事件を担当し、功績を積み重ねることで、一日も早く東京地検特捜部への昇格を目指しています。「使えるものは何でも使う精神」で忖度上等の彼女は、目標達成に邁進しています。彼氏はいないものの、今のところ彼女は一人でいいと考えているようですが…!?

女性向けブログ記事での律子の魅力は、彼女の勇敢な姿勢や独立した考え方にあります。仕事への情熱と出世への決意が強く、女性たちに勇気を与えることでしょう。彼女の物語を通じて、女性読者は律子の夢に共感し、彼女がどのような成長を遂げるのか興味を持つことでしょう。

矢部律子は、プロフェッショナルなキャリアウーマンとしての魅力に溢れており、女性向けブログ記事として、彼女の冒険と人間関係に目が離せません。

中村アン プロフィール

中村アンは、日本の女優、ファッションモデル、タレントで、プラチナムプロダクション所属。彼女は東京都江東区出身で、現在も東京に在住しています。中村アンは、東洋英和女学院大学卒業後、大学時代の友人に誘われてモデルオーディションに参加し、グランプリを獲得しました。その後、ファッション誌のモデルや放送番組のレギュラーを持ち、2010年にはSUPER GTイメージガールを務めました。

彼女の毒舌&不潔キャラは、若い女性から注目を集め、かき上げヘアや派手なワンピースのスタイルが流行しました。2014年には競輪のイメージキャラクターや、クロスフィットで鍛えた美ボディが女性の憧れとなり、理想の体型の1位に選ばれました。また、『第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の「サングラス部門」を受賞しました。

女優としては、2015年に『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2015』でデビュー。その後、フジテレビ月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』に出演し、2018年には日本テレビ系ドラマ『ラブリラン』で初主演を果たしました。

中村アンは、太りやすい体質であるため、クロスフィットやボクササイズを行って体型を維持しています。また、仲の良い友人として、ヒガリノや同じ事務所の黒木なつみがいます。彼女はロングヘアを30センチ以上切った新しいヘアスタイルを、2021年のドラマ『着飾る恋には理由があって』の役作りのために披露しました。

二階堂俊介 役/北村有起哉

二階堂俊介は、横浜地方検察庁みなと支部の検事で、東大法学部出身のエリート。転々と全国の支部を渡り歩いた後、このたびみなと支部に着任した。自信過剰で警察官を駒にするような発言をするが、実は元々判事志望で、コンプレックスを抱いている。立会事務官の仲井戸みなみに想いを寄せているが、裁判所の判事である諸星美沙子と何らかのつながりがあるようだ。

北村有起哉 プロフィール

北村有起哉(1974年4月29日生まれ、東京都出身)は、日本の俳優で、俳優の北村和夫の息子であり、女優の北村由里の弟です。彼は、東京都立富士高等学校で演劇に興味を持ち、日本映画学校へ進学。1998年に舞台『春のめざめ』と映画『カンゾー先生』でデビューしました。

特定の劇団には所属せず、舞台のプロデュース公演を中心に活動していますが、近年はテレビドラマにも多数出演。2013年に女優の高野志穂と結婚し、2014年に第1子男児が誕生。2016年には映画『太陽の蓋』で初主演を果たしました。2020年に第2子男児が誕生し、2021年10月から放送のドラマ『ムショぼけ』で連続ドラマ初主演を務めています。

北村有起哉は、歴史上の人物である太田道灌の末裔であり、妻の高野志穂と一緒に地元のイベントに参加したこともあります。彼はその多様な演技力と、家族との絆を大切にする姿勢で多くの女性ファンから支持を受けています。

亀ヶ谷徹 役/西村元貴

亀ヶ谷徹(36)演じる西村元貴は、横浜地方検察庁みなと支部の検事です。3年前に立会事務官をしていた時、一念発起して司法試験に合格し、検事へと昇格しました。しかし、検事になると新たなプレッシャーとストレスにより、日々疲弊しながら過ごしています。

彼は同僚の検事・二階堂俊介や矢部律子に挟まれたり、仲井戸豪太らに振り回されたりと大変な日々を送っているものの、持ち前の粘り強さで何とか乗り切っています。

女性向けブログ記事では、亀ヶ谷徹の粘り強さやプレッシャーに耐え抜く姿が読者に勇気を与えるでしょう。彼と同僚たちとの関係性も興味深く、検事としての彼の姿を楽しみながら読者は共感できます。

亀ヶ谷徹は、検事に昇格したものの新たな試練に立ち向かう姿が、多くの女性に勇気や励みを与えるキャラクターです。彼の粘り強さやストレスに耐え抜く姿を通じて、読者は彼の人間性や仕事への情熱に触れることができるでしょう。

西村元貴 プロフィール

西村元貴(1990年2月19日生まれ、新潟県出身)は、日本の俳優で、ホットロードに所属しています。新潟大学農学部へ進学し、モデルの先輩に誘われ、学業と並行してモデルの仕事を開始。大学卒業後に上京し、俳優の養成学校に通い、現在の事務所に所属しました。

彼は趣味に農作業や読書、旅行を持ち、特技に空手(初段、県大会2回優勝)や書道(硬筆4段、毛筆3段)があります。また、第1種普通自動車免許や漢字検定2級の資格を持っています。

西村元貴は、数多くのテレビドラマに出演しており、その中でも『ペテロの葬列』、『永遠の0』、『水族館ガール』、『カインとアベル』、『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』、『4分間のマリーゴールド』、『ケイジとケンジ』などが挙げられます。

彼の演技力と、農家出身でありながら都会で活躍する姿、趣味や特技が多彩であることから、多くの女性ファンに支持されています。

原口奈々美 役/岡崎紗絵

原口奈々美(27)演じる岡崎紗絵は、神奈川県警横浜みなとみらい署の強行犯係の刑事。一見愛嬌のある性格で刑事らしからぬ雰囲気がありますが、実は強い正義感を秘めています。彼女は仲井戸豪太や江戸一など、中年刑事たちの愚痴の聞き役としても強行犯係の中で貴重な存在となっています。

その愛嬌が時に勘違いを生み、「あざとい」「女性を売りにするな!」と、コンビを組むことが多い先輩・岸本凛からはよくツッコミを入れられることがあります。奈々美はいわゆる枯れ専で、豪太や目黒元気には男の魅力を感じていません。

女性向けブログ記事での奈々美の魅力は、彼女の愛嬌と正義感のバランスがとれた性格にあります。彼女の物語を通じて、女性読者は刑事の厳しい現場でも頼れる仲間としての奈々美の存在に共感するでしょう。

原口奈々美のキャラクターは、女性向けブログ記事で彼女の人間関係や仕事への情熱について触れることで、読者に勇気を与える存在となります。彼女のキュートで強い一面は、多くの女性たちにとって魅力的で、物語の展開を楽しみにしていることでしょう。

岡崎紗絵 プロフィール

岡崎紗絵(1995年11月2日生まれ)は、日本のファッションモデル、タレント、女優であり、現在『Ray』の専属モデルを務めています。名古屋市出身で、現在はT-TRIBE ENTERTAINMENTに所属しています。

2012年にミスセブンティーン2012でグランプリを受賞し、『Seventeen』の専属モデルとなりましたが、2015年に卒業。その後2016年から『Ray』の専属モデルに就任し、同年TGCに初出演し、2018年にはガルアワにも初出演しています。

また、2014年から女優としての活動も本格化。テレビドラマ『ゆめうつつ』で女優デビューを果たし、その後も話題作に次々と出演。2019年には月9ドラマ『トレース?科捜研の男?』や『パーフェクトワールド』で注目を集め、さらに2020年公開の映画『mellow』では映画初ヒロインを演じました。

2021年には『教場II』や月9『ナイト・ドクター』にメインキャストとして出演し、2022年1月期の浜辺美波主演ドラマ『ドクターホワイト』にも出演。さらに同年4月放送の『花嫁未満エスケープ』でテレビドラマ初主演を務めることが決まっています。

美しく才能ある岡崎紗絵は、これからも女性たちの憧れの存在として、モデル業界や女優業界で活躍を続けることでしょう。

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】キャスト一覧(ゲスト出演)

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第1話出演ゲスト

役名役柄俳優名
林田裕紀専門学校生、現場から逃走大橋和也(なにわ男子)
勝山康平意識不明の男性川島潤哉
山田大吉ひったくり犯中山孟
大野一平取り調べを受ける被疑者倉元奎哉
長瀬多江取り調べを受ける被疑者橋本亜紀
小林宏勝山の担当医田村智浩
カップル事故の目撃者永嶋玲、喜瀬マリア
リポーターニュースリポーター辻川慶治

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第2話出演ゲスト

役名役柄俳優名
葛城悠真襲撃された人気俳優山下航平
田中克也落ち目の俳優、葛城を襲撃自白者橋本淳
木崎陽子プロダクションの社長千葉雅子
屋敷マモル超人気俳優楽駆
加瀬杏奈若手女優、屋敷とデート報道者江藤アリア
角田宏昭葛城の所属事務所社長須間一也
小宮香葛城のマネージャー広山詞葉
一ノ瀬亮平プロダクションのマネージャーもりりょう
宮前五郎酔っ払い岡田謙
マスターバー「RUBY BABY」のマスター本多摂
高柳佑、女優作品の監督と女優中村匡志、與儀ケイラ
リポーターニュースリポーター大慈弥レイ
ラーメン屋のオヤジラーメン屋の店主柿沼慶典

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第3話出演ゲスト

役名役柄俳優名
秋葉浩二前科者、最近出所松川尚瑠輝
松久保拓郎傍聴マニア野間口徹
松久保三奈江松久保の妻映美くらら
押田徹平、須賀純也傍聴マニア仲間新名基浩、川畑和雄
関直人豪太が逮捕した被告人小松健太
弁護人関の弁護人川井つと
秋葉妙子秋葉の母親吉田恵利子
傍聴人裁判の傍聴人江口信、中津川巧
小倉幾太郎窃盗事件の被告の弁護人池浪玄八
中泉陽次、川俣光彦過去の事件の被告人(写真出演)山本栄治、坂中久志
アナウンサーニュースアナウンサー本間智恵(テレビ朝日アナウンサー)

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第4話出演ゲスト

役名役柄俳優名
三鷹蒼無人餃子販売所の窃盗事件に関与の大学生濱田龍臣
江戸陽葵江戸係長の娘、三鷹蒼と一緒にゲームをしていた飯沼愛(7歳時:寺田藍月)
江戸孝子江戸係長の妻明星真由美
美佳二股をかけていた男を殴った女川村エミコ(たんぽぽ)
二川瞬也、野々村翔三鷹蒼のゲーム仲間、窃盗事件関与中山翔貴、岩本晟夢
加賀直樹アリバイ偽装要求を受ける男大朏岳優
大村早苗窃盗事件の犯人に突き飛ばされた女性藤本静
雷神餃子のスタッフ防犯カメラをチェックするスタッフ安田敦

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第5話出演ゲスト

役名役柄俳優名
城山由希子牛島の片思いの同級生、製薬会社「ケミカライズ」の従業員黒川智花
唐沢吾郎借金持ちの同級生、かつて津川とベンチャー企業を立ち上げた忍成修吾
津川亮太郎IT企業CEOの同級生、劇薬により急性中毒死敦士
山中みち同級生、城山と津川の不倫を証言山田キヌヲ
堀和正同級生、唐沢と津川のビジネストラブルを伝える佐野泰臣
磯野浩介同級生、会社の受付嬢と結婚湯川尚樹
新橋大輔同級生、同窓会をスマホで録画斉藤佑介
小笠原治同級生、独身板倉武志
高村茂樹同級生、独身ゆっきー(キャン×キャン)
久保雄二同級生スチール哲平
石村哲也同級生山本啓之
岡壮平神奈川県警捜査一課の刑事松本慎司
釣り人桜川橋緑地の魚の大量死を通報大野雄大(Da-iCE)
店員諸星と二階堂が訪れた定食屋の店員原田えりか

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】第6話出演ゲスト

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】見逃し配信動画の無料視聴方法について

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】TVerでの見逃し配信・無料動画視聴方法

TVerは2015年10月からスタートした、民放公式テレビポータルです。
現在、最新回の見逃し配信はほぼすべての番組が対象となっているようです。
次の放送回の開始時間(約1週間)が見逃し配信期間です。また、一部ドラマや番組はリアルタイムでも放送されています。

すべて無料で視聴ができるので、見逃し配信を視聴したい方は是非利用してみましょう。
見逃し配信は放送日より1週間のために、それ以上期間が経った場合は、他の動画配信サービスを利用しましょう。

TVerへアクセス

【ケイジとケンジ時々ハンジ】動画配信サービスの見逃し配信・無料動画視聴方法

動画配信サービス「ABEMAプレミアム」にて、ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】は、見放題配信中となっています。
現在「ABEMAプレミアム」は入会日より14日間無料視聴ができるキャンペーンを実施中です。

気になる方は是非ABEMAで確認してみてください。

ドラマ「ケイジとケンジ時々ハンジ」無料お試し視聴はコチラ

 

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】見逃し配信・無料動画視聴方法について、詳しく紹介した記事はコチラ

ドラマ【ケイジとケンジ時々ハンジ】見逃し配信動画の全話無料視聴サービスまとめ

【ケイジとケンジ時々ハンジ】関連記事

前シリーズ【ケイジとケンジ】全話あらすじ・ネタバレ紹介│結末は?最終回ラストはいつ?

【ケイジとケンジ時々ハンジ】ドラマ原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?

【ケイジとケンジ時々ハンジ】全話あらすじ・ネタバレ紹介│結末は?最終回ラストはいつ?

【ケイジとケンジ時々ハンジ】視聴率低い?最終回まであらすじと他作品比較で追跡!

【ケイジとケンジ時々ハンジ】つまらない?感想や評判など全話口コミ考察まとめ!

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】あらすじ

教師から警察官に転職した横浜みなとみらい署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)が主人公の物語です。彼は情熱を持ってワルに迷い込む高校生を救おうと奮闘しています。ある日、夜間パトロール中の巡査・田口健介(湯江タケユキ)が、意識不明の男性・勝山康平(川島潤哉)を見つける不可解な事件に遭遇します。

豪太とアメリカ赴任から帰国したばかりの刑事・目黒元気(磯村勇斗)らは現場へ急行し、捜査を開始。勝山の財布からは強盗目的ではなさそうな状況が判明し、謎が深まります。しかし、タクシーのドライブレコーダーの映像から逃走した男・林田裕紀(大橋和也)を特定。林田は事件への関与を否定するも、目黒は彼が嘘をついていると疑い、一方で豪太は彼の無実を信じます。

事件解決の鍵となる指紋が林田のものと一致し、豪太はショックを受けつつ逮捕令状の請求に向かいますが、判事・諸星美沙子(吉瀬美智子)は証拠が薄いとして却下。物語は謎と疑念が交錯する中、豪太たちが真実を追い求める展開となります。このドラマは、刑事たちの熱い信念と友情を描いた女性向けの魅力的な作品です。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】スタッフ

項目内容
脚本福田 靖
ゼネラルプロデューサー服部 宣之(テレビ朝日)
チーフプロデューサー黒田 徹也(テレビ朝日)
プロデューサー齋藤 梨枝(テレビ朝日)<br>菊池 誠(アズバーズ)<br>松野 千鶴子(アズバーズ)
演出本橋 圭太(アズバーズ)<br>樹下 直美(アズバーズ)
制作協力アズバーズ
制作著作テレビ朝日

-ケイジとケンジ時々ハンジ。

error: Content is protected !!