ドラマ

【ネタバレ】「彼女はキレイだった」第5話あらすじ・見逃し【ロケハンで距離が縮まる愛と宗介】

「彼女はキレイだった」第4話まとめ次回予告。愛編集部をクビになる?

どしゃぶりでフラッシュバックから救ってくれた愛を宗介はだんだん好意を持つように……
2人きりでロケハンに出かけて、宗介の心はほどけていき、愛と宗介の距離は縮まった。

愛は思い切って宗介に事実を打ち明けようと決意した。
一方、梨沙はなかなか宗介に真実を打ち明けられず、宗介への気持ちが強くなった。

一人旅企画は成功したものの、ライバル誌との差は縮まらない。
あげくの果てに、愛は超有名デザイナーとのコラボで痛恨のミスをしてしまう。怒りがおさまらないデザイナーは宗介に愛の解雇を迫った。

ロケハンで距離が縮まる初恋相手

佐藤愛(小芝風花)と長谷部宗介(中島健人)は初恋相手。
小学時代は愛が完璧な美少女で宗介はおデブのいじめられっ子だった。
宗介がアメリカに引っ越すと、愛は父の会社の経営が傾いたのをきっかけに残念女子に……
一方、10数年ぶりに帰国した宗介はイケメンのエリートに変身していた。
再会したものの、宗介は愛に気がつかない。引け目を感じた愛は容姿のずば抜けた親友・桐山梨沙(佐久間由衣)に身替わりを頼んだ。宗介は梨沙を愛と信じ込んで、梨沙はなりすましに罪悪感を抱くように……
愛がようやく就職できた出版社のファッション誌ザ・モスト編集部の副編集長に宗介が就任した。真実を言えないまま、対立を繰り返しながらも、愛と宗介の距離は次第に縮まっていた。特集記事のためのロケハンで2人きりになると、ついに愛は真実を明かそうとする。

真実を打ち明けようと思ったものの……

真実を明かそうとした愛と宗介の前に、樋口拓也(赤楚衛二)が現れて言い損ねた。
樋口は梨沙が愛になりすましているのに気がついた。
梨沙は次第に宗介に惹かれている。
愛と宗介が取り組んだ記事は実を結んで、愛の名前も雑誌に載った。
実家に帰ってもザ・モストを両親が大量に買って、親戚や近所に配ると言う。
しかし、ライバル誌ルナとの開きは縮まらず、宗介は会社から次号でルナを抜けないと、ザ・モストは廃刊になるという。
ザ・モストの運命をかけた撮影が行われ、愛はオートクチュールのドレスの管理を任される。
しかし、デザイナーがピリピリモードで、トラブルが次々と発生する。
現場を離れざるを得なかった愛が現場に戻ると、ドレスは既に倒れ破損していた。
激怒したデザイナーはドレスを破損した責任者の解雇を求めた。
愛は自分が辞めることを申し出て、デザイナーの機嫌はおさまり、撮影は延期された。
樋口は愛を引き止めるが、ザ・モストを守るためなら、しかたがないと辞めることを決意した。
梨沙に抱きしめられながら、愛は宗介にホントのことを言わずに辞めてよかったと言った。
梨沙も愛に黙って宗介と愛と名乗って交際を続けていることを打ち明けられないままだった。

編集部にも宗介にとっても愛はかけがえのない存在に……

愛が退職願を出した後に、里中純一(髙橋優斗)が愛のミスは自分が原因だったと打ち明ける。
編集部の新企画は樋口の提案が通るが、実はそれは愛が練った企画だった。
樋口は宗介に愛を好きだと宣言した。
宗介は気になって愛に行く。
愛を守らなかったことを謝り、再び編集部に戻ってこないかと誘った。
しかし、愛は拒んだ。
愛は実家に帰ろうとしたが、古い機械を使い苦労する父の姿を見て、戻れない。
父は自分を卑下することは、父や母をおとしめることと同じだから、自分を好きでいて欲しいと告げた。
愛は決意して、編集部に戻った。
愛を見た編集部員たちはみんな驚いた。
愛の髪がストレートになって、垢抜けていたからだ。

「彼女はキレイだった」第5話あらすじ 目次

「彼女はキレイだった」第10話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第9話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第8話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第7話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第6話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第4話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第3話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第2話あらすじ(ネタバレ)

「彼女はキレイだった」第1話あらすじ(ネタバレ)