広告 全話あらすじ一気読み 女子高生、僧になる。

女子高生僧になるネタバレあらすじ全話紹介│最終回結末は?見逃し配信情報も!

女子高生僧になるネタバレあらすじ全話紹介│最終回結末は?見逃し配信情報も!

『女子高生、僧になる。』は2023年9月17日から毎日放送(MBS)で放送されている日本のテレビドラマです。
主演は畑芽育で、MBS完全オリジナル作品です。このドラマは、進路未定の高校3年生・下白石麦(演:畑芽育)が、幼なじみの磯野柊(演:奥野壮)と共に、亡き祖父の寺、白石寺の再建を目指すハートフルコメディーです。

ドラマ「女子高生、僧になる」本編をもう一度見たい方、まだ見ていない方は、Hulu公式で見逃し配信動画をチェックしてみましょう!

ドラマ「女子高生、僧になる」見逃し配信はこちら

ドラマ「女子高生僧になる」1話ネタバレあらすじ紹介│9月17日放送

2023年9月17日に放送されたドラマ「女子高生、僧になる」は、麦(主演女優)という女子高生が主人公です。
第1話では、彼女が幼いころから嫌いだった祖父のお寺と、そのお寺にかかわる未来について描かれています。

物語は、幼い頃の麦が母親と一緒に祖父のお寺を訪れる場面から始まります。
彼女はお寺の廊下の冷たさやお線香の臭い、仏像の怖さなどに嫌気が差しています。
その頃からお寺に来ていた男の子、柊(幼なじみ役の俳優)、が遠くから麦を見ています。

高校生になった麦は、今ではアイドルの熱狂的なファンとなっています。
しかし、その矢先、祖父が亡くなったとの連絡が入ります。
通夜で親族から祖父が長い間闘病していたことを知らされ、葬儀後の食事会では「このお寺を引き継ぐ人がいない」という問題に直面します。
その直後、麦は推しのアイドルが活動を休止するというニュースにショックを受けます。

思い悩んでいた麦は、突如として現れるイケメン、柊と再会します。
柊は僧侶になる資格を取っていましたが、僧侶として働ける寺が見つからず、印刷会社に就職する予定でした。
そこで麦は柊に自家のお寺を継いでくれないかと提案します。

翌日、母に相談すると、お寺には大きな借金があり、手放すかもしれないという現実を知らされます。
柊にこの事実を伝えようとするが、連絡先がわからず困っていたところ、柊がお寺に現れ、昨日の話を受け入れたこと、そして就職を辞退したことを告げます。

麦と柊はそれぞれ祖父と過ごした思い出を振り返り、お寺を守る決意をします。
二人は母親にお寺の再建を宣言し、母は「半年で赤字を抜け出すこと」を条件に提示します。
最後に、何をすれば赤字を抜け出せるのかわからず、ネットで見つけたコンサルタントに依頼することに決め、麦はそのイケメンばかりのチームを見て喜びます。

このドラマは、家族、仏教、アイドル文化、そして青春の葛藤を織り交ぜながら、麦と柊の成長と決断を描いています。
特に祖父の死を通じて、重要な選択をする必要に迫られた二人の心情が丁寧に描かれており、多くの視聴者に感動を与えているでしょう。


ドラマ「女子高生僧になる」1話あらすじ(さらに詳細なあらすじ)はこちら
女子高生僧になる1話ネタバレあらすじ│柊(奥野壮)を住職に立てて寺の再建を!!

ドラマ「女子高生僧になる」2話ネタバレあらすじ紹介│9月24日放送

放送が終了しましたら、更新します。
しばらくお待ちください。

ドラマ「女子高生僧になる」2話あらすじ(さらに詳細なあらすじ)はこちら
女子高生僧になる2話ネタバレあらすじ│麦(畑芽育)と柊(奥野壮)の白石寺再建生活

ドラマ「女子高生僧になる」見逃し配信動画の無料視聴方法

ドラマ「女子高生、僧になる」見逃し配信動画の無料視聴方法を紹介します。
放送日より1週間以内は、TVerにて見逃し配信動画を視聴することができます。
TVerでの見逃し配信は作品によって期間が違っているために、配信がすぐに終了することもあります。
その場合は、動画配信サービスHuluでドラマ「女子高生、僧になる」の見逃し配信動画の視聴ができます!

ドラマ「女子高生、僧になる」見逃し配信はこちら

ドラマ「女子高生僧になる」キャスト紹介

役名役柄俳優名
下白石麦高校3年生、元アイドルオタク、寺再建者畑芽育
磯野柊麦の幼なじみ、新住職奥野壮
里中樹主任コンサルタント、寺再建プラン提案者東啓介
藤代日向アシスタント経営コンサルタント吉田晴登
下白石稲子麦の母、シングルマザーしゅはまはるみ
下白石仁常麦の祖父、故人、前住職田山涼成
立花幹太柊の高校同級生、花屋勤務伊藤あさひ
辰雄白石寺の檀家春海四方

ここでは、下白石麦役│畑芽育さん、磯野柊役│奥野壮さんを紹介していきたいと思います。
さらに詳しい、キャストや登場人物相関図が見たい方はコチラから
リンク

下白石麦役│畑芽育

畑芽育さんは、2002年4月10日生まれの東京都出身の日本の女優で、タレントでもあります。
研音に所属しており、以前は女性アイドルグループPocchimoの元メンバーとしても活動していました。
芽育さんは1歳から芸能活動をスタートし、10歳までの活動は「何が何やらわからない気持ち」で過ごしていましたが、次第に演技の楽しさに気づき、意欲的にレッスンやオーディションを受けるようになりました。

芽育さんは、2019年11月公開の短編映画『GHOSTING』でヒロインを演じ、2023年4月には初の写真集『残照』を発売しています。
趣味は音楽を聴くことで、特技はダンス。彼女はクオーターで、祖父がアメリカ人です。

また、芽育さんが目指す女優は木村文乃で、中学1年の時にドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』で共演した際に木村文乃の謙虚な姿に衝撃を受け、憧れを抱くようになったと述べています。

出演作には、多くのテレビドラマがあり、子供番組『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』や、ドラマ『家政夫のミタゾノ』、『都立水商! 〜令和〜』、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』など多彩な役どころで視聴者に印象を残しています。
特に、2023年には、ドラマ『最高の生徒〜余命1年のラストダンス〜』と『女子高生、僧になる。』で主演を務めており、ますます注目される存在となっています。

磯野柊役│奥野壮

奥野壮さんは、2000年8月21日生まれ、大阪府寝屋川市出身の日本の俳優です。
オスカープロモーションに所属しており、同事務所が運営する男劇団 青山表参道Xのメンバーでもあります。
彼の芸能界でのキャリアは、2017年11月に第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで「フォトジェニック」賞と「明色美顔ボーイ」賞をダブル受賞して始まりました。
翌2018年にはオスカープロモーションに加入し、同年9月に特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』で主演を果たして俳優デビューを飾りました。

個人的な特長として、趣味は漫画とゲームであり、特技は11年間習っていたクラシックバレエです。
このバレエで鍛えた体幹は、彼の演技、特に動作や受け身のとり方に活かされています。
また、『仮面ライダージオウ』で演じたキャラクター、常磐ソウゴと自分自身との共通点として楽観的な面があると語っています。

彼の演技力と特殊な視点は、業界関係者からも高く評価されており、『仮面ライダージオウ』のプロデューサーは、奥野さんがソウゴの「王としての素質」を体現する若者であると認識しています。
そのため、この役のために高校を退学したとも言われています。

これまでに多くのテレビドラマに出演しており、近年では『恋に無駄口』や『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』、『福岡恋愛白書18』などにも出演。
今後は『女子高生、僧になる。』や『下剋上球児』といった作品にも出演予定で、その活躍が期待されています。

ドラマ「女子高生僧になる」の見所

新ドラマ『女子高生、僧になる。』が、2023年9月17日からMBSで放送が始まります。
この作品はMBSの完全オリジナルで、主演は注目の女優、畑 芽育さんが務めます。
相手役には、俳優の奥野 壮さんがキャスティングされています。

ストーリーは、高校3年生の下白石 麦(畑芽育さん)が主人公。
麦はこれまでの高校生活をアイドルの“推し”に捧げてきましたが、卒業を控え、進路が決まっていない状況です。
そんな彼女がある出来事をきっかけに、祖父が経営するお寺・白石寺を継ぐ決意をすることから物語は始まります。

麦の幼馴染で新住職となる磯野柊(奥野壮さん)や、その他のイケメンキャラクターたちと共に、わずか半年という短期間でお寺を再建できるのか、というのが大きな見どころ。
また、麦とこれらのキャラクターたちとの関係性にも焦点が当てられています。

OP主題歌はshallmによる「センチメンタル☆ラッキーガール」、ED主題歌はmzsrzによる「Odyssey」がそれぞれ使用される予定です。

このドラマは、青春、家族、友情、そして人生の選択といったテーマを織り交ぜながら、主人公・麦が新たな人生のステージへ踏み出す様子を描く奮闘劇です。

ドラマ「女子高生僧になる」番組基本情報

ドラマ「女子高生僧になる」の番組基本情報を紹介しています。
制作スタッフ、オープニング・エンディング曲・SNSの紹介しています。

ドラマ「女子高生僧になる」制作スタッフ

脚本森ハヤシ
監督横尾初喜、森ハヤシ、戸塚寛人
企画神阪謙二(MBS企画)、中村雅人(MBS企画)
オープニングテーマshallm「センチメンタル☆ラッキーガール」(ユニバーサルミュージック)
エンディングテーマmzsrz「Odyssey」(avex trax)
協力浄土宗
監修浄土宗総合研究所、中野孝昭、荒木信道、若林隆仁
制作プロダクションソケット
製作「女子高生、僧になる。」製作委員会、毎日放送

緻密なストーリーテリングと描写力により、連続ドラマから単発ドラマまで、さまざまな作品に貢献してきました。
テレビドラマの分野で酒井の力量が証明されたのは、フジテレビの「1242kHz こちらニッポン放送」(2005年)から始まる一連の作品群である。
その後、「チェケラッチョ!! in TOKYO」(2006年)、「花嫁は厄年ッ!」(2006年)、「鉄板少女アカネ!!」(2006年)、「Dr.コトー診療所」(2006年)といった作品でその才能を発揮。
特に、「Dr.コトー診療所」では構成協力として参加し、その力量が評価されました。

制作スタッフ陣の詳しい紹介はこちら
リンク

ドラマ「女子高生僧になる」オープニングテーマ曲:「センチメンタル☆ラッキーガール」shallm

18歳の才能あるボーカリスト、liaが主導するバンドプロジェクトは、自分自身で作詞・作曲も行っています。
liaの特有の感性を通して表現される言葉は、無垢で率直な感情や孤独に対する真摯な対話、そして大事な人への愛情に満ちています。
魅力的な強く美しい歌声、心に響くキャッチーなメロディ、そして洗練されたバンドの演奏が聴衆を惹きつけます。

ドラマ「女子高生僧になる」エンディングテーマ曲:「Odyssey」mzsrz

MVが公開されましたら、更新します。
しばらくお待ちください。

ドラマ「女子高生僧になる」公式SNS・HP情報

放送開始前や放送日の翌日にい、公式SNSを覗いてみましょう!
特にTwitterとInstagramは繁栄に更新されるので必見です。
ぜひ、登録してみてください!!!

Instagram

HP

 

-全話あらすじ一気読み, 女子高生、僧になる。

error: Content is protected !!