広告 最高の教師 1年後、私は生徒に■された

「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」4話ネタバレあらすじ|居場所がない?

広告表示

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」4話ネタバレあらすじ|居場所がない?

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」第4話は、2023年8月5日から日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送。

主演は日本テレビ系連続ドラマ初主演となる松岡茉優。

今回の物語あらすじは、

第4話の核心はこちらです。「江波(本田仁美)が浜岡を刺す未来が2023年8月31日に訪れる」と、主人公の九条(松岡茉優)が衝撃的な予言をします。
この予言が、ドラマの展開を一変させます。

その背景となる状況を説明いたします。
九条は、離婚の話を撤回してくれた夫・蓮(松下洸平)に自分が体験した「2周目の人生」を打ち明け、驚きの反応を得ます。
その後の1ヶ月間、静かな時間が流れ、九条のクラス3年D組の生徒たちの間にも微妙な変化が現れます。
鵜久森(芦田愛菜)は友情を育み、西野(茅島みずき)たちはイラ立つ一方で、相楽(加藤清史郎)は沈黙を守ります。

この平穏な日常に一石を投じる形で、九条から突如として江波への呼び出しがあります。
「昨晩、浜岡修吾さんという方から交際を申し込まれましたか?」という質問から始まり、「その方とは金輪際、関りを断ってください」との告げ口、そして最後に、驚愕の予言。
「2023年8月31日。江波さんが持っていたカッターナイフで、浜岡さんを刺すことになる日です」。

こうして、人の心の奥深くにある愛や居場所について問い掛ける物語が、次なるステップへと進むのです。


ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」を全話一気読みしたい方はこちらの記事より
最高の教師 1年後私は生徒に■されたネタバレあらすじ全話紹介|最終回結末は?

ドラマ「最高の教師 1年後私は生徒に■された」視聴率情報をまとめました。気になる方はこちらから!
最高の教師 1年後私は生徒に■された│視聴率が低い?最終回まで他作品比較で追跡


このドラマの見逃し配信動画をすぐに見たい場合は、Hulu公式サイトから!!
是非チェックしてみてください!!
ドラマ「最高の教師 1年後私は生徒に■された」視聴はこちら

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」4話あらすじネタバレ│2023年8月5日放送

里奈(松岡茉優)は蓮(松下洸平)に、自分が2週目の人生を歩んでいることを伝える。
すると蓮はなるほどと納得した。
それに対して里奈は疑問に思う。
蓮は里奈の部屋にある生徒たちの写真に張られた付箋に、未来の日付が書かれているのをみて、そのとき抱いた疑問が今解消されたのだと説明する。
しかし2週目の意味はわからないと言う。
そして里奈の感じている今の状況を教えてほしいと言った。
江波(本田仁美)は家より外で過ごす時間が増えていったことに疑問を持っていた。
そして人より少し家に帰る理由がなく、家へ帰らない理由を探していた。
蓮は里奈から2週目の人生を歩むことになった経緯を聞き、わかったと理解した。
里奈は驚くが、蓮は嘘だと決めつけるのは簡単だと話す。
そして疑うことよりそうかもと思う方が大事なことが多いのだと言い、全面的に信じてはいないが、里奈のことを真剣に考えると言う。
学校を辞めてもいいと言う蓮に、里奈は逃げても意味はないと気づきまた何も伝えてこなかった自分と、何かを伝えなくてはいけない生徒のことを知ってしまったから辞めないと答える。
蓮に犯人の目星について聞かれると、里奈はどこかを見つめて考える。
鵜久森(芦田愛菜)と東風谷、阿久津は週末に買い物に行く約束をした。
その会話に星崎が急に入ってくる。
鵜久森の楽しそうな様子を見て西野は不機嫌になる。
江波たちにテンションが上がるような話をしろと言い、金澤が江波に彼氏ができたことを伝える。
少し焦る江波はまだ彼氏ではないが、3個上の幼なじみに告白されたと話す。
野辺が西野に相楽(加藤清史郎)が最近静かでいることについて聞く。
西野は相楽が何かしでかすかもしれないと答える。
そこに江波を呼ぶ里奈の声がスピーカーから聞こえてくる。
西野はこれがチャンスだと言い、江波に何かつかんでこいと命令する。
江波はスマホを録音できる状態にして化学準備室に入る。
里奈は江波に、浜岡という男から告白されたか聞く。
なぜそれを知っているのかと答えた江波に、金輪際その男と関わるなと里奈は言う。
そして8月31日に、江波がカッターナイフで浜岡を刺すのだと言った。s
我修院(荒川良々)は花村(長井短)に、花村の生徒が万引きしたという連絡がきたことを伝える。
林(犬飼貴丈)に警察に付き添わないのかと聞かれると、花村はよっぽどのことがない限り、教師に出番はないのだと答える。
しかし里奈は花村に、生徒ときちんと向き合うべきだと伝える。
江波はカフェで、録音した里奈との会話を聞いていた。
里奈は科学準備室で、江波を守るために呼び出したのだと言った。
江波は笑い飛ばし、訴えると言って出て行こうとする。
里奈は江波が捕まったあとに、今まで居場所がなく、やっとできた居場所を奪った人を許せなかったと供述したと言い出す。
里奈は、江波が居場所を求めてさまよう日々を過ごすなら何でもすると伝える。
江波は一つだけ聞きたいと言い、里奈の予言の中になぜ自分の友達が寄り添ってくれるという未来がないのか尋ねる。え
答えない里奈に江波は怒って出て行く。
録音した会話を聞き終わったところで、栖原(窪塚愛流)が話しかけてくる。
以前同じカフェで江波を見かけたため、このカフェに来たら会えるかもと思って来たのだと言う。
江波は、今日はいろいろ考えることがあってここに居るのだと言うが、栖原は考えすぎる必要はなく、世の中は思っているよりも簡単なのだと言い、お互い正反対だねと話す。
里奈は蓮に江波が犯人の候補だと話した。
江波は警察に連れて行かれた後、里奈を頼った。
そして両親ともあまりうまくいっていない江波は居場所がないと泣いた。
しかし里奈は、自分が入ることで江波と江波の両親とに距離ができてしまうかもと、江波と向き合わないようにしてしまった。
だから江波にだけは突き落とされても仕方がないと話す。
蓮は恋人になるかもしれない人と関わるなと言われても難しいのではと聞く。
里奈も同感だが、強い言葉によって考える時間を与えられると言い、時間を考えさせることが教師の生徒にできることなのだと話す。
鵜久森は、東風谷と阿久津と出かけるための服を選んでいた。
鵜久森の母親はそれを見て、鵜久森が学校を楽しんでいることを知り安心する。
江波は家に帰り、母親が用意しているご飯を食べていいか聞くが、母親は外で食べてこなかったのかと冷たく聞く。
そして母親はソファに座っている江波の妹に笑顔で話しかける。
母親の態度の違いに江波は表情を曇らせる。
鵜久森たちは買い物を済ませ、本屋から出てくる。
そこには星崎もいた。
星崎は映画の本を買ったのだと見せる。
そこへ栖原がやってくる。
栖原は自分が参加しているバンドの人だと言って一緒にいる浜岡を紹介する。
浜岡は江波と幼なじみなのだと話し、ご飯をおごるからと鵜久森たち誘う。
東風谷は鵜久森を心配して断ろうとするが、まだ皆といたいのだと鵜久森は言う。
西野たちはご飯を食べながら今日の買い物の話をしていた。
西野は上の空でいる江波に、里奈に何を言われたのか聞く。
江波は居場所がないと言われたことが引っかかっており、西野たちに何があっても友達だよねと確認する。
しかし西野たちはその言葉に吹き出し、確認する時点で友達関係は破綻しているよと、笑い出す。
瓜生と香坂はアルバイト先の里奈の友人である智美の店で手伝いをしていた。
そこへ浜岡率いるD組生徒が入ってくる。
お互いに驚く中、夏穂(サーヤ)が里奈の生徒たちなのかと聞く。
里奈とはどんな関係なのか聞かれると、夏穂は自分の一番弟子だとキメ顔で言う。
それを聞いた鵜久森は、勝見夏穂かとフルネームで尋ねる。
夏穂が不思議そうに鵜久森を見ていると、鵜久森は里奈から話を聞いていたと言い、握手して欲しいと頼む。
栖原は浜岡が江波に告白したことを聞き、少し動揺した顔をする。
そこへ里奈がやってくる。
そして浜岡に会いに来たのだと、浜岡に話しかける。
浜岡に頭を下げ、江波から手を引くよう頼む。
浜岡が江波にすることをすべて知っていると言う里奈に対し、江波から会いたいとメールが来たのを見てから、浜岡は里奈にこれは脅迫だと言い出て行く。
その後、里奈は栖原に時間があるかと聞く。
浜岡は江波の下へ走って行く。
栖原以外の生徒を帰し、里奈は浜岡が江波に近づく理由を栖原が知っていることを確認する。
浜岡が江波をお金稼ぎに利用しようとしているのだと。
江波は浜岡になぜ告白してきたのか尋ねる。
浜岡は、江波が寂しそうで自分で良ければ居場所になれないかと思ったのだと答える。
里奈の言っている意味がわからないと言う栖原に、里奈は9月4日に栖原が退院した浜岡を襲うのだと話す。
呆れて笑う栖原は、先輩を襲うわけがないと答えるが、里奈は世の中をイージーだと思っていても、後悔という感情は人の心を歪めることもあるのだと言う。
今日江波は浜岡との交際を了承し、浜岡を自分の居場所とし依存していくのだと伝える。
その気持ちを利用して浜岡は、自身が管理者であるマッチングサイトへ江波を送り込むのだと栖原に話す。
しかし後に、浜岡の真意に気づいた江波が浜岡を刺してしまうのだと言った。
里奈は栖原に、江波に想いを寄せ浜岡の考えに薄々気づいてはいるが、先輩に逆らう理由はないと自分に思い込ませているのではと聞く。
里奈は過去に、浜岡が智美の店で江波を連れ出す計画を話しているのを聞いたのにも関わらず、そのような事態が本当に起こるわけないと自分を思い込ませたのだとを話す。
栖原は、なぜ江波の未来を断言できるのかとヘラヘラするが、里奈は本当に起こったら後悔するのではと尋ねる。
世界を簡単だと言うのは、失敗を恐れ100%成功する物事にしか挑戦してこなかったからなのではと聞く。
行動しない理由を見つけ、間違いを避け続ける。
しかし、誰かが何かの危険に近づいたとき、そんなわけがないより、そうかもしれないとい根拠のない行動に出てもいいのではと話す。
D組では、文化祭の出し物を喫茶店したいのだと3人の女子生徒が教壇に立ち皆に聞く。
3人は西野の反応を伺う。
西野がいいのではと答えると、喫茶店に決定すると言った。
盛り上がるクラスの中、浮かない顔をする江波は瑞奈(詩羽)に、瑞奈の芸能活動について話しかける。
瑞奈は、一人を避けるためにわざわざ話しかけなくていいと答える。
そこへ里奈が放課後、化学準備室へ来るよう江波に言う。
放課後、江波は化学準備室を一瞬見てから逆の方向へ歩き出す。
鵜久森が江波を引き止め、里奈に呼ばれた意味を感じているのではと聞く。
江波はウザいと答えるが、鵜久森は里奈と戦うことを選択して良かったと話す。
江波にウザがられても、江波に直接逃げない方がいいと伝えたかったと言う。
そして江波は化学準備室に入る。
里奈は机の上に、智美の店での浜岡の会話を録音した盗聴器を出す。
そして会話を聞くか尋ねる。
江波はなんとなく会話の内容がわかるといい、聞くことを決心する。
差し出されたパソコンの再生ボタンを恐る恐る押す。
パソコンからは、浜岡が江波を使ってマッチングサイトに登録している男性たちに会わせようとしているという内容の会話が聞こえてきた。
里奈は途中で音声を止め、江波を止めるためとはいえつらい思いをさせたと謝る。
江波は泣きながら、なんとなくわかっていたのだと訴える。
浜岡にも両親と同じような冷たさを感じていたが、それを知らないふりでもしないと居場所がなくなってしまうのだと話す。
そして里奈にこの後どうすればいいのか、何を教えてくれるのか聞く。
里奈は、教師は万能ではないから、今言えるのはこの未来を選んではいけないということだけだと言う。
江波はこれでは何も変わらないと泣きながら出て行く。
外へ出ると、幸せそうに手を繋ぐカップルや家族が視界に入り、江波は気持ち悪そうに口を手で覆う。
その時栖原から着信があるが一度切る。
その後何度も着信があったので、江波はスマホの電源を落とす。
いつものカフェに行きアイスカフェラテを頼むと、店員が江波美里かと尋ねる。
店員は江波が来る前に、男の子が江波宛のメッセージが書かれた紙を残していったのだと言い、その紙を渡す。
そこには栖原から、公園で今日一日いつまでも待つから来てほしいと書かれていた。
江波は書かれていた公園に向い、なぜ待っていてくれたのか聞く。
そして栖原が座っているベンチで浜岡からの告白を了承したのだと言う。
栖原は縁起が悪いと笑い、立ち上がる。
それを見て、江波は栖原が浜岡の考えを知っていたことを悟る。
栖原は、欠けた愛情を埋めることは教師などの普通の人ができることではなく、本当に大切に思っている人しかできないという里奈の言葉について考えていたのだと話す。
そして落ち込んでいる江波にかける言葉をずっと考えており、一つだけ答えが出たと言う。
その答えは、江波に居場所はないということだった。
居場所だと思っていても、いつか誰かに取られたらなくなってしまう。
なら居場所なんてなくても良くないかと聞く。
立っていれば、そこに誰かが来てくれるかもしれないと江波に言う。
江波は栖原だからその考えでも大丈夫なのだと言うが、栖原は人と違う考え方を否定するのはなぜかと問う。
お揃いでいることはそこまで大切ではなく、余計なことまで考えなくてはいけなくなる。
同じものを選んで喜ぶより、違うものを選んでも文句を言われないような関係を喜ぶようにしたらと提案する。
そして栖原は江波のことが好きなのだと伝える。
江波が居場所だと思うところが居場所であればよく、自分は江波が居場所だと思うところに行くと言う。
江波は栖原の言葉に感謝するが、今日別れると決めた人がいるのに、すぐ別の人の気持ちに答えることはできないと謝る。
栖原は涙を浮かべながら納得し江波の気持ちを理解する。
そして江波に泣けばいいのだと言い、背を向ける。
その言葉を聞いて、江波は泣き出す。
化学準備室で里奈は栖原から、告白は断られてしまったが江波を保護できたとの連絡を受け取る。
そして一学期が終わろうとしており、次に里奈が生徒たちと会うのはカレンダーに9の文字が現れる時だった。
部屋にいる相楽と迫田の下へ、江波が全然釣れないと愚痴をこぼす浜岡がやって来る。
鵜久森は東風谷、阿久津、星崎と勉強していた。
星崎は以前智美の居酒屋へ行ったとき、自身のカメラを忘れてしまったのだと話し出す。
そして偶然里奈と栖原の会話が撮れたと言い、パソコンで栖原が浜岡を襲うことになると里奈が話す様子を見せる。
星崎はこれを見て、里奈がタイムリープしているのではと推測する。
里奈はこれから夏休みが開け、前回の人生で地獄となった2学期を迎えることになる。

次のあらすじが見たい方は↓(放送日翌日には更新予定)
「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」5話ネタバレあらすじ|変り者と呼ばれる

一つ前のあらすじを見たい方はこちら
「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」3話ネタバレあらすじ|心優しきあなたへ

 

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」キャスト紹介

役名役柄俳優名
九条里奈生徒に寄り添うことを諦めた化学教師。自身が生徒により突き落とされるも生還し、再教育を決意する。松岡茉優
鵜久森叶真面目な優等生だがクラス全員からいじめの標的。自殺経験がある。芦田愛菜

さらに詳しいドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」キャスト・登場人物相関図を知りたい方はこちら↓
最高の教師1年後私は生徒に■されたドラマキャスト登場人物相関図│主演:松岡茉優

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」SNS・HP紹介

放送開始前や放送日の翌日にい、公式SNSを覗いてみましょう!
特にTwitterとInstagramは繁栄に更新されるので必見です。
ぜひ、登録してみてください!!!

Twitter

Instagram

HP

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」見逃し配信動画の視聴方法紹介

ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」見逃し配信動画の視聴方法を紹介します。
公式Huluをチェックしてみてください!!!
ドラマ「最高の教師 1年後私は生徒に■された」視聴はこちら

-最高の教師 1年後、私は生徒に■された

error: Content is protected !!